パワハラのトラウマを断捨離したい!

Simple Life

nikeneko’s apartmentにようこそ!
わたしニケ。くろねこなの。
今日はお片付けについて。と言ってもママンの心のお片づけなの。
このブログはわたしのお気楽パリ風人生を楽しむブログだから、ママンの心の問題にはあえて触れてこないようにしてたんだけど。
でもシンプルに暮らしたい!もっと断捨離してスッキリしたい!って思ったら、心の問題と繋がってるんだよね。
断捨離の基本に立ち返って、ここでアウトプットしてすっきり心の中を整理整頓したいと思います。
もしママンと同じように悩んでる方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

断捨離の断〜不安を断つ〜不安の元はパワハラだった

断捨離とは

断捨離はヨガの「断行・捨行・離行」から生まれた言葉で、「断」は入ってくる要らないモノを断つこと、「捨」は家にあるガラクタを捨てること、「離」はモノへの執着から離れることを表す。

https://kotobank.jp/word/断捨離-1817296

元はヨガの思想である断捨離。断捨離のすごいところは部屋を片付けてると心の問題がはっきりして心も片付いてくるんです。
でも今回はちょっと重症。部屋を片付けることもできなくなりました。
そこでまず心の問題を片付けようと思ったんです。

パワハラによる不調のサイン

思考が定まらない

はっきり症状が出だしたのは令和に変わる頃。ブログの更新頻度が落ちてきた頃です。
書こうとしても思考が定まりにくく書けなくなってきました。
原因は当時の上司からのパワハラです。
ただ、ブログは楽しく、気分転換になってましたし、ブログがあるから乗り越えられたと思います。
それに上司からパワハラを受けてましたが、幼稚で理不尽で馬鹿げた事ばかりだったので、周囲の人のほとんどがママンの味方になってくれてたんですね。ママンも自分を責める気持ちにはならず、上司のレベルの低さに呆れるぐらいだったのです。
しかーし!乗り越えられたと思っていたら実は自分でも気付かない深いダメージを受けてたんですね。これがのちにトラウマとなってママンを苦しめることに・・・。

集中できない

思考が定まらなく、次第に集中できなくなってきました。
部屋を片付けようとしても、部屋の片付けの途中で「そうだ洗濯物干さなきゃ!でも片付けが・・・。」何もしないまま次の瞬間には、「えっと今何してたっけ?やらなきゃいけない事なんだっけ?」てな感じ。段取りがつけられなくなってきたんです。
そこに、要領が悪い事を咎められたパワハラのフラッシュバックが・・・。
そして自分を責める気持ちが出てきたのです。
「私ってなんて要領が悪いんだろう・・・なんてポンコツなんだ。」
そうです。自己否定が始まったのです。

こんな指示を出す上司はキケン!ダブルバインドとは

ママンの心の整理のために要領が悪いと咎められたパワハラ上司について記しておきます。
ママンはなぜ要領の悪い事をしたのか。
それはパワハラ上司の指示の出し方に問題があったのです。それはダブルバインドと言われるものです。

ダブルバインドとは、日本語訳で「二重拘束」という意味です。二つの矛盾した命令をすることで、相手の精神にストレスがかかるコミュニケーションの状態です。モラルハラスメントやパワーハラスメントを招きやすく、注意が必要です。

ダブルバインド上司はよくある事例です。たとえば「命令に従わないと文句を言い、自分で判断できないと文句を言うような人」です。

逃げるという選択肢も与えてくれないため、ダブルバインド上司は部下の心身をむしばみます。そして、自分自身の正常な判断能力まで失ってしまいます。機嫌次第で言うことが変わるのも、ダブルバインド上司の特徴です。

https://biz-shinri.com/dictionary/double-bind

このようにママンのパワハラ上司の指示は矛盾している上、その指示の目的やゴールを示さないのでどうすれば最良なのか判断がつかず、結果要領の悪い事をさせられるというハメに。加えて、まわりくどく、何を言いたいのかわからないような指示の仕方で理解するのにも一苦労。
独り言を言ってるのかと思いきや指示だったとか、180度言ってることが変わるのもしばしばで、挙句上司のミスの尻拭いのような仕事に意見するとキレるわ、問題をすり替えてこっちのやり方が要領悪いと攻めるわ、とまあどうしようもない人物だったわけです。
どうしようもない人物の例に漏れず、声を荒げての暴言に(低レベルな内容と言い方でまるで子供がわめいてるようでした)まるっきり上司のイライラのはけ口、サンドバック状態にされてました。

そしてついにパワハラ上司の元で一緒に働いていた同僚がストレスから体調を崩して辞める事になったのです。

とにかくこんな上司に苦しめられているなら、すぐに距離を置くことが大事です。
特にこの上司の気持ち悪い、不気味なところは二面性でした。ガチのサイコパスではないかと疑ってます。他の課の人前ではまるで声のトーンから何からいい人風に振舞ってましたので。外野からはそんな暴言を吐くとか、パワハラとかする人に見えないと言われてました。
でもね、今思えば目がイッてましたね。ヤバイ人の目です。
ママンはちゃんとわかってたんです。なのに目をつぶった。
人は都合の悪い事から目を背けようとするものです。パワハラ上司では困る、都合が悪い、そんな思惑がママンの目を曇らせ、こいつヤバイっていう直感を信じる、自分を信じる事をしなかったんです。

さてダブルバインド上司のことを書くと長くなってしまったので続きは次回という事で

応援よろしくね

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

コメント

  1. A子 より:

    はじめまして、今日は
    いつも楽しくブログ拝見させていただいてます、
    本当にパリに住んでいらっしゃると思ってました、、以前のブログを拝見していた時、
    素敵なお部屋、ファッション参考にさせていただいてます!
    人生色々な事がありますが
    頑張って下さいね、
    何か、気分転換になる事をされたら、良いとかと私の場合は、
    テニス、ストレッチにあけくれていますが、
    ママンさんは、ヨガ派かしら?、
    一泊だけでも、温泉とかにお出かけされたら、スッキリ、リフレッシュ
    出来ると思います!
    更新楽しみにしています、
    それでは、また、

    • nikeneko nikeneko より:

      コメントありがとうございます!
      辛い時こんな風に励ましのコメントをいただけたり、ブログを書く事でリフレッシュしてます。
      ママンはヨガ派だけど、ヨガもサボりがちなもので・・・。
      温泉!いいですね。一泊だったらニケさまも許してくれるかな