毎日が楽になるクローゼット

Interior Decor

nikeneko’s apartmentにようこそ!
わたしニケ。くろねこなの。
ママンは新しいお仕事で毎日を忙しく過ごしてます。
転職したては当然どんな職場でも覚えなきゃいけない事が沢山。
もともとマルチタスクに欠けるママンはすぐ頭の中がパンパンになってしまいます。
となると、仕事に集中するためにも余計なことに頭を悩ませたくないんだよね。
毎日の通勤服とかね。
そこでママンは転職を機にワードローブを見える化してみたよ。

スポンサーリンク

片付けの第一歩!ワードローブの見える化

服を減らしてフランス人のように?

通勤服の見直しをしました。その時の記事↓


こうして転職でこれから着る機会がなくなりそうな服を減らしました。
服の必要枚数もフランス人に近づくようにね。

 

この本にあるように同じ服を着てても何の問題もないです。
TPOに沿った清潔なものであることの方が重要。通勤服は制服化して、あとはお出かけ用のカジュアルウェア、着心地のよいワンマイルウェアと3つのカテゴリーの服があれば十分だよね。

収納は1箇所に

ママンのお洋服は寝室のチェストと、押入れクローゼットに収納していました。
チェストには肌着類と、セーター、Tシャツ、ボトム類を。
押入れクローゼットにシャツ、スカート、アウターなどハンガーにかけて収納してました。
でも服が減ったらあちこちに収納する必要がなくなったんだよね。
これからの通勤服はシャツが中心。
今までのように押し入れクローゼットからシャツを出して、チェストからパンツを出して、っていうのも手間になりそう。
収納も一箇所にすればラクだよね。そこで収納家具を買うのはためらいがあったけど、シンプルなIKEAのハンガーラックで見せる収納にしてみたよ。

見せる収納のルール

シンプルなIKEAのハンガーラック。素敵ブロガーさんたちも使ってるよね。
でも見せる収納にするとどうしてもごちゃついて見える。
見た目をスッキリさせようとすると見せる収納のルール、色を揃えるとすっきりします。
ハンガーにかける服の色を揃えるとすっきりするって事だね。するとワードローブに統一感がでてきました。
統一感のあるワードローブならコーディネートだって簡単にまとまるのです。
服を減らして見せる収納にすることで毎日のコーディネートまでラクにできるようになりました。

見せる収納のもう一つのうれしい効果

服を一目で見渡せるって、思った以上に快適で断捨離のきっかけにもなるんだよね。
このラックの中でういてる服はコーディネートだってしにくい→断捨利する。そんな流れになりつつあります。

さいごに

仕事が変わる→服が変わる→収納が変わる→インテリアが変わる
転職を機に通勤服を変えたら収納も変わり、インテリアも変わるものなんだよね。

応援ありがとうございます

にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

コメント