50代きれいめ通勤服を考えてみた

fashion

nikeneko’s apartmentにようこそ!
わたしニケ。くろねこよ。
nikeneko’s apartmentの住人ママンが転職ですって。
これが初めてじゃないからわたしも驚かないけど。
当然職業が変われば通勤服も変わるわけで・・・。
ガーデナーから事務職へ。自由だった服装からきれいめに。
50代きれいめの通勤服を考えてみたよ。

スポンサーリンク

50代きれいめ通勤服って?

悩ましい50代のきれいめとは

きちんとした服って男性の場合は簡単でわかりやすいよね。
だってスーツがあるからね。じゃあママンのようなおばさん、スーツとまで求められてない場合はどうするか。でもって転職先はセンスが問われる職業。む、難しい・・・。
もう一度基本に立ち返って一から考えてみます。

とにかく清潔感

まずは清潔感。これしかない。みだしなみって大事です。
きちんとメンテナンスされて清潔なもの。ホームクリーニングで清潔を保ちます。

夏の洗濯はオキシクリーンにつけ置き洗いでしみも黄ばみもニオイもすっきりさせます。
もちろんキッチンまわり換気扇掃除もこれ。

スーツの次は?

スーツの次は何かっていうと、シャツとスカートもしくはパンツ。
じゃあスーツのジャケットだけ無いパターンは?っていうと逆に50代では新卒でもないのに何やってんだ?!ってなるよね。
だからきれいなシャツときれいなボトム。シンプルだけど基本。
ベーシックアイテムってやつですね。

きれいに着るにはぴしっとアイロンがけは必須。清潔感も。

ワードローブの見直しと、収納の見直しと、そして断捨離

ベーシックアイテムをきれいに着ること。ベーシックアイテムにセンスが光れば正解なんだよね。
正解はわかったね!でもすべて買い揃えるってわけにはいかないからまずは手持ちのアイテムを見直して。ワードローブの見直しと、そうなると収納の見直し、断捨離と続くわけです。
そして部屋をすっきりさせて、心機一転がんばれるよね。

ワードローブの見直し作業

正解がわかったから次はワードローブの見直しね。
必要なアイテムはシャツとボトム。そのアイテムの中でもきれい目に着れるもの。
そうやって条件を絞り込んで手放すアイテムを決めていきました。

断捨離すべきアイテムは?

きれい目スタイルのシャツは?

きれいめスタイルに必要なシャツ。その中できれい目に着れる通勤用、休日用そのどちらでも使いにくいものは断捨離したよ。
ママンの手持ち白シャツ4枚。この中で断捨離したのはこちら

ZARAのカシュクールシャツ。
デザインがとがってるZARAのシャツはきれい目には不向きだよね。
同じZARAでもこちらは大活躍

ストレッチ性のあるシンプルなシャツ。袖のカフス部分を折り返すと7分袖になってカジュアルにもきれいにも着れるシャツです。もちろん通勤に使いますよ。

薄手シフォンのシャツ。これはきれいだけど通勤には微妙なところで・・・。休日おでかけ用としてひとまず置いておきます。

これはスモックブラウス。襟の無いカジュアル素材は通勤ではNG。これも休日用にします。

きれい目スタイルのボトムは?

ボトムはほぼ全部通勤で使います。
使わないのはデニムとリネンのロングスカート、コットン素材のギャザースカートの3点のみ。この3点は休日用とします。
だから手放したものは0。
見直してみるとママンは元からきれいめスカートが多いの。タイトスカート多めで丈もミモレ丈が大半。素材のいいものはお直しして使ってきてるから、自然とベーシックできれいめなものが残ってたんだね。

ハンガーラックでワードローブを見える化したよ。
収納の見直しと断捨離は次の機会にね。

まとめ

きれいめ通勤服は
まず清潔感。シャツは襟のあるもの。ベーシックなデザイン。
ぬけ感もこなれ感も封印。
つまんない?でもいいんです。制約が沢山ある中でもおしゃれを追求する気持ちがあればおしゃれに見えるんだよ。コンサバを制してこそ大人。これからはコンサバママンだよ。

いつも応援ありがとう

にほんブログ村 ファッションブログ 50代女性ファッションへ
にほんブログ村


人気ブログランキング

コメント