衣替えと春服計画~新しいコート

パリ風クローゼット パリ風アパルトマン日常

bonjour!
わたしニケ。くろねこなの。

日差しはぽかぽか、うぐいすさん達の合唱とnikeneko’s apartmentはすっかり春ってかんじ。
でもわたしはまだこたつから離れられないけどね。
ママンはというと気分がはやるのか、なんだかスイッチが入ったみたいでクローゼット整理に邁進していたよ。
プチ衣替えをして新しいコートまで買っちゃったの。
その代わりに冬のコートを1着手放して1イン1アウトの増減なしにしたけどね。
手持ちの服を見直してから、新しいコートは本当に必要かよく考えて30回は着ることを念頭に買いました。
こちらの記事を読んでからね↓

服や雑貨の買いすぎが増えてきたとき、自分でブレーキをかける方法。
最近、ちょっと買い物が増えてきたかも? そんな気がするときは、これ以上、買い続けないように、自分でブレーキをかけましょう。うまくブレーキをかけるコツを3つ紹介。まずは、次の買い物を遅らせます。どんどん買うのをやめ、次の買い物までの時間をあけてください。

次々と服を買ってしまう人は、服を着ることより、買うことに意識が向いています。
中略
「手持ちの服はどれも30回は着る」というチャレンジをしてみて、30回着ていない服があるうちは、新しい服には手を出さない、というルールを作ってもいいかもしれませんね。
「30回は着よう」と思って、買った服と付き合ってみると、服を着ることや使うことに意識が向くから、買い物にフォーカスしていた生活が変わります。

服や雑貨の買いすぎが増えてきたとき、自分でブレーキをかける方法。 (minimalist-fudeko.com)

今回のママンの場合は買う事にしたんだけど、使う事に意識を向けて買うという選択をしたので、そこんところを今回の記事で整理したいと思います。

衣替えと春服計画~新しいコート


クローゼットの中の服は100%活用中の服ばかり。
通勤コーデをブログに書くようになって手持ちの服をしっかり活用できるようになりました。
自分がどんな感じが好きかってことも気が付きました。
そう、あれやこれや盛るよりシンプルな定番コーデが好きなんだよね。
すると欲しいものが具体的に浮かび上がってくるのです。

昔は店頭やLookBookで見て、わぁこれ欲しい!!!ってなってよく考えず買ってたのよね。
衝動買い?で、そんな感じで買った服は飽きるのも早い。数回着ただけで捨てられたりするわけです。
かたや着るのは定番ものばかりでリピ買いしてでも毎年着てるのね。

そこで今回の話。
去年スプリングコートとトレンチコートを断捨離して、その時はステイホームとかなんとかでコートの必要性はなかったのよね。
トレンチコート欲しいなぁ定番だし好きなんだけどなぁとふんわり思っていたけど、使う事がないだろうから買わなかったの。
それから1年。今年になってリモートもなしのフルタイムのお勤めになって、やっぱ春は軽いコートが欲しいわって。1年越しだから気持ちは本物。
定番アイテムトレンチコートで軽いコットンの春物でカジュアルにサッと羽織れるもので・・・と具体的にイメージ出来る。
手持ちの服を見直しても代わりになるスプリングコートは去年断捨離済み。
で、目に留まったのが冬物のPコート。2着ある内のロング丈のコートが出番が少なくなっていたのです。
来シーズンもきっと30回も着ることがなさそう。衣替えを機にこのコートを断捨離してスプリングコートを30回着ることにして購入したのです。

使う事にフォーカスすると買い物の目的もはっきりしました。
買わない選択も大切だけど、30回は着ると思うトレンチコートを我慢してほかのアイテムで代用してもそれがストレスになりそうじゃない?
最初は服の数にこだわってがっつり減らしたらあとは必要に応じて買い足すぐらいがちょうどいい感じ。
定番アイテムがそろってストレスのないワードローブが出来たと思います。

制服化と服の数についてはまたの機会に記事にして整理したいと思います。


ファッションランキング

 

コメント