収納とディスプレイの一元化で家中スッキリを目指す!ワークスペースを模様替え

パリ風インテリア 収納 Interior Decor

nikeneko’s apartmentにようこそ!
わたしニケ。くろねこよ。
nikeneko’s apartmentのワークスペースはリビングの一角、奥まったところにスチールラックを置いて、収納兼、デスクにしていました。

上から3段目を広くとって机にしてたんですね。
でも前回の記事にもあるとおり、オフィスチェアを断捨離したことでワークスペースにデスクは必要なくなったんだよね。
そこでこのスチールラックに家中に点在していたモノを集中させて、一元管理できるようにしようと思います。

収納とディスプレイの一元化で家中スッキリを目指す!

リビングの隅に置いていたカゴや、玄関に飾っていたブロカントなどなど
ここに集約しました。おかげで他のスペースがスッキリ。
奥まったこのワークスペースならモノが多くても気になりません。
アートを飾って見せる収納にすれば生活感もおしゃれに演出できます。

パリ風インテリアワークスペース

一番下には
DIY用品を入れたボックス。キッチンに置いてたIKEAのツールなどもDIY関係はここに集約。
アラログのカゴはティッシュのストックや読みかけの雑誌など入れて布をかぶせて目隠し。
無印のジュートバッグは防災用非常持ち出し袋です。
一元化して探し物はここを探せば必ずあるという風にしていきます。

パリ風インテリア無印良品の収納

その上狭い段には
浅いカゴに文房具や郵便物など。その上の段にはファイルボックス。プリンター。
小物や絵を飾ったりマキシマリストの名残を惜しんでます。
飾ることの楽しみはこのラックだけと決めておくと、不用意にモノが増えません。

上はほぼディスプレイ空間。
何もない空間より、何かディスプレイがある方が生活感が出ないんですよね。
もちろんお気に入りの厳選したモノだけをおいてます。

細々したものはカゴやボックスを活用すれば、オープンラックでもスッキリ見えます。
お気に入りを飾るゆとりを残して置くと生活感もおしゃれに見えるよ。
パリ風収納はおしゃれな生活感ですから。暮らしを楽しむパリスタイルだね。

応援ありがとう

にほんブログ村 インテリアブログ 団地・アパートインテリアへ
にほんブログ村


リノベーションランキング

コメント