パリ風アパルトマン リビングを猫ファーストに模様替え

スタイリング

bonjour!
わたしニケ。くろねこなの。

北京オリンピックロスのママンです。
そのオリンピック最終日にわたしがテレビの前に座って邪魔だからって、テレビ横にキャットタワーを置いてくれました。
リビングは猫ファーストに模様替えとなりました。

リビングは猫ファースト

キャットタワーは邪魔だし見た目もノイジーだからって、もとちいにいに部屋の和室に追いやられてました。
冬は寒くてママンも使ってない部屋。当然わたしも和室に置かれたキャットタワーを使う事はなかったの。
だから窓の外をにゃるそっくするときは、リビングのテレビを置いてるテーブルに乗っていたのよ。
それがね、わたしが邪魔でテレビ画面が見えないから、にゃるそっくポイントにキャットタワーを移動したってわけなのよ。

ねこのお城 ニケタワー

晴れてリビングに復活したこれが私のお城。通称NIKEタワーよ。

パリ風アパルトマンのリビングルーム

ベランダに面した大きなドアのそば。
にゃるそっくするには絶好の場所よ。

パリ風アパルトマンのリビングルームに置いたキャットタワー

おもちゃもみんなニケタワーに収納したよ。

キャットタワーに置いたキッカー

愛用のキッカーはハンモック部分に。
わたし、この場所には入らないの。

キャットタワー一番上の箱

このアパルトマンにもらわれてきた日に入っていたお家型の小さな箱。
NIKEって表札も飾ってみたわ。

キャットタワーからにゃるそっくするくろねこ

これでわたしも一国一城の主ね。
ママンはわたしの下僕としてこのアパルトマンを常にきれいにしなさい。

キャットタワーから外を見上げるくろねこ

早速メジロが謁見に来たわ。
これから春になると来賓が増えてくるの。忙しくなるわね。


オリンピックが終わっても、テレビは穴にはまった4位の選手を称えるのに必死で誰も本当の意見を言えない雰囲気が気持ち悪い。
さんまさんくらいの大御所でなきゃ言えないのね。
ショートプログラム演技直後の他の人の穴にはまったって言ってたところは放送事故扱いのようで、いっさい報道されてないし。なんのための言論統制?
マスコミがそんなんだからフィギュアスケートなんて普段みる事のないお年寄りが騙されてるし。
大会中に開いたマッチポンプ会見で「被害者にはならない」って。
穴が穴がって言い出したのは本人で、で、その言い訳には無理があるってバレそうに(てか元チームメイトに既に指摘されてるけど)なったら脚痛い痛い。痛み止めのオーバードースを誇らしげにしゃべる。

何を言うかは知性、何を言わないかは品性。
ママンは両方持ち合わせてないから思った事そのまま書いちゃったよ。気持ち悪いってね。
どーせ穴の人を持ち上げてレジェンドに仕立て上げ、札幌五輪招致の顔にでもしようってつもりなんだろうけど、こんな選手を持ち上げ特別扱いしてる競技に、次世代の子供たちが憧れを持てるんでしょうか。
よいこのみんなはお手本にするならネイサン選手だよ。

「あなたは一番人気の選手ではありませんが」ネイサン・チェンが見せた“意地悪質問”への神対応(文春オンライン) - Yahoo!ニュース
 北京五輪フィギュアスケート男子シングルで金メダルを獲得したネイサン・チェン(22・米国)。世界選手権3連覇の実績を引っさげて北京入りしたが、待っていたのは思わぬ逆風だった。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

nikeneko’s apartment - にほんブログ村


人気ブログランキング

コメント