50代おひとりさま22年11月の家計

シンプル家計

bonjour!
わたしニケ。くろねこなの。

毎月言ってるけどもう月末です。
そして12月。カレンダーがあと1枚よ。
11月はうれしい予定がぎっしりで楽しかった~。
大掃除はまぁ、あれですけどね。
そんな11月の家計をふりかえります。

50代おひとりさま22年11月の家計

それではいつものように予算から。

食・日用品費:¥30,000
趣味・交際費:¥5,000
交通費:¥2,000
理美容・被服費:¥10,000
水道・光熱費:¥10,000
医療費:¥5,000
バレエレッスン代:¥4,000


固定費:¥26,000
(住居費¥12,500、通信費¥5,758、保険¥2,550、固定資産税積み立て¥4,000、サブスク¥1,000)
計:¥92,000


で、11月はこうなりました。

食・日用品費:¥30,433   ▲¥433
趣味・交際費:¥9,167   ▲¥4,167
交通費:¥7,440    ▲¥5,440
理美容・被服費:¥11,000   ▲¥1,000
水道・光熱費:¥6,625   +¥3,375
医療費:¥877   +¥4,123
バレエレッスン代:¥1,800   +¥2,200


固定費:¥26,000
(住居費¥12,500、通信費¥5,758、保険¥2,550、固定資産税積み立て¥4,000、サブスク¥1,000)
計:¥93,342

誠に残念ながら11月は赤字となりました。

11月家計ふりかえり

大赤字~趣味・交際費/交通費

赤字になるであろうことはわかってましたよ。
だって、11月はありがたいことにあちこちからお誘いがありまして。
誘われたらホイホイついてゆくママン。
なんか聞こえが悪いですね。
誘われなかったとしてもこちらから誘っていたはずなので、コロナが落ち着いていた10月からお出かけが増える予想はしておりました。
予想通り趣味・交際費、交通費ともに大きく赤字。
先月も言ってたけど趣味・交際費はプライスレスな価値があるのでお誘いいただけるものは予算気にせず参加する主義をとってます。
でもやっぱり交通費2000円の予算では厳しい。
11月のように極端にオーバーすることは少ないにしても、2000円では年間でも赤字になりかねないので、ひとまず、来月から1000円アップの3000円で予算組んでみます。
今月支給分から給料上がったから予算アップがなんとか可能。

他の予算はこれまでどおり節約で乗り切りたいと考えてます。
が、
食・日用品費、理美容・被服費も11月は赤字。
食費は誤差の範囲かな。
理美容費は化粧品を買ったのでちょっとオーバーしちゃった。
被服費は特別会計に入れたのでここには反映されてません。

黒字課目のからくり

一方の黒字課目ですが、
ママンが節約を頑張ったからでも何でもなく。
お出かけが多かった分、バレエのお稽古は1回しか行けず、サ活は無し。
余った予算はお出かけに吸収されたかたちですね。

ちまたでは値上がりの悲鳴が聞こえてくる水道・光熱費ですが・・・。
まだ電気代の値上がり分が反映されてません。
来月請求分から値上がりです。
はぁ~ため息しか出ないね。
電気代ケチってヒートショックで倒れたくないし、予算は多めにとってるので健康を害さない程度に節電したいと思います。

11月末時点の特別会計

11月の特別会計は予定外に大物出費がかさなり
累計 ¥133,784に。
買う予定のなかったダウンジャケットやバッグを買ってますからねぇ。
で、ここに今月赤字分¥1,342を足して¥135,126に。

今年はお正月準備にそれほど要らないので、ぎりぎりなんとかなりそう。
お正月準備以外で大物出費が控えてるんだけどねー

3月末までの年間予算20万円は死守しますよ。
あと4か月。あっという間だね。

素敵な思い出がいっぱい作れた11月。

nikeneko’s apartment - にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村


インテリア・雑貨ランキング

50代ファッションランキング

コメント